【???】
「伶さま、おはようございます!
 ごらんになって下さい、空があんなに青いですよ。
 今日も良いお天気になりそうですね」


優しく、そして朗らかに、
伶の名を呼んで微笑みかける少女の顔に、
覚えがない。

【伶】
「……君は、誰だ」

【真璃絵】
「あ、すみません、ご挨拶が遅れました!
 初めまして、 宮代 真璃絵 ( みやしろ まりえ ) です。
 わたしは伶さま専任のおそば付きメイドです」

【真璃絵】
「伶さまのお世話をするようにと、
 言いつかっております。
 ご用の際は何でもわたしにお申し付け下さい」

【伶】
「専任のメイド……僕の世話を、君が」

【真璃絵】
「はい、伶さまにお仕えします!
 伶さまがこの館で快適にお過ごしになれるよう、
 わたし、精いっぱい努めます」

【真璃絵】
「まだ未熟者ですので、
 至らないこともあるかもしれませんが、
 どうかよろしくお願いします」

【真璃絵】
「……お館へようこそ、伶さま。
 伶さまのお越しをお待ちしておりました。
 心から歓迎いたします」


【伶】
「真璃絵……」

【真璃絵】
「はい、伶さま、なんでしょう!」

【伶】
「さっきから君が靴の下に踏んでいる上着を、
 取ってくれないかな」

【真璃絵】
「ひゃあ、す、すみません……!」



back