真璃絵の姿を求めて伶が庭に降りると、
木漏れ日の差し込む、心地よさげな木陰に座り込む、
真璃絵の背中を見つける。

【伶】
「真璃絵、こんなところで何をしている」

【真璃絵】
「あ、どうかお静かに、伶さま」


【伶】
「おや、これは……」

【真璃絵】
「望さん、ちょっとだけお疲れだったようです。
 すっかりお休みになってしまって……」


【伶】
「ずいぶん君になついているようだね。
 こんなに安心しきったこの子を見るのは、
 初めてかも知れない」

【真璃絵】
「望さんとお話ししていると、とても楽しいです。
 わたしに弟がいたら、こんな感じなのかなって……」




back