【伶】
「黙って人の家に上がり込むのは無礼だね。
 君が僕の後見人の息子でも、
 礼を逸した行為だと思わないか、鷹見」

【鷹見】
「……おまえが十八になるまで、
 俺たちは同じ邸(やしき)で暮らした仲だろうが。
 今さら、うるさいことを言うな」


【伶】
「あそこは九条家の邸。君のテリトリーのうちだ。
 君たち親子の定めたルールに僕も従う」

【伶】
「けれど、この家の主(あるじ)は僕だ。
 この家の中では僕のルールに従ってもらう。
 君も例外ではない」

【鷹見】
「ルールか。ずいぶん他人行儀な言葉だ」


【[伶]】
「ああ。だって僕は君を信用していないからね。
 僕の身を守るためだ。
 君にはルールを遵守してもらう」

【鷹見】
「俺を信用してない、だと」


【伶】
「それも当然だろう? 何せ、
 僕は一度、君に殺されかけたことがあるからね。
 覚えているだろう、鷹見」

【鷹見】
「あ、あれは……!
 ……分別のつかない、子供のしたことだ」



[さらに他のシナリオを読む >>]



back