目をみはる暁人を強引に腕の中に抱き込むと、
総一郎は後ろ髪をつかんで、暁人の顎を大きくのけぞらせた。

苦しさに思わず開いた唇に、兄の唇が重ねられる。